不動産担保ローンを使いこなす

自宅を担保にしていなければ

不動産担保ローンは総量規制の例外

総量規制は、借入金額の総額が、年収の三分の一を超えないように制限すること。

年収300万円の人が借入できる金額は100万円までです。

しかし総量規制には例外措置があります。

銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫などからのローンは、総量規制の対象外になっています。

たとえば不動産担保ローンは、現在住居している住宅以外の担保に関して、これを総量規制の対象外として除外しています。

不動産を活用したローンについて不動産担保ローン | 不動産担保融資・不動産担保ローンの明治アセット株式会社はメール査定をしてくれるようです。

改定貸金業法は、2010年に完全施行にうつり、総量規制以外にも、グレーゾーン金利も廃止されました。

不動産担保ローンで自宅を担保に、ローンがある場合には、それ以上ローンの負荷を増やして、自宅を失うことのないように、総量規制で守られているわけです。

不動産担保ローンを除外したのは、利用者の借入が難しくならないように配慮したためです。

同時に消費者の多重債務問題を解消するため、融資額に上限を設けたということです。

不動産担保ローンの借り入れには、審査基準はもちろん、総量規制についても知っておく必要があります。

銀行から借りるのか、それ以外からなのか、担保は自宅の不動産なのか、それ以外の不動産なのかなど、他のローンなども考えて、慎重に検討する必要があるということです。

Theme author: http://thememotive.com. Engine: http://wordpress.org.